ISMSは企業に安全をもたらす

これは相当厳しく2006年に708件もの個人情報を含んだ書簡、FAX、メールの誤配があって、その都度処分を受けてます。また、法人の場合は合併とか吸収、清算などの理由でプライバシーマークの使用を終りにする事もあります。

 

処分にもいくつかの対応する方法がありますが、もっとも重たい処分としてはプライバシーマークの取り消し処分を受けています。プライバシーマークを取りてる企業とか事業主は、個人情報の取り扱いに関して外部の仮借しない審査をとおったものとして認められた事になります。

 

信頼をもともと集める為にプライバシーマーク付与事業者として申し込んだはずが、逆に大きく信用を失う事となります。プライバシーマークの取得事業者は個人情報保護法などを含めた一定の基準を満たして認定をされる訳ですが、その後、その基準に反した個人情報の取り扱いを組織的に行っている企業はプライバシーマークの使用を取り消される措置を受けています。

 

その一定の審査を受けた後も企業は実際、シッカリと個人情報を取り扱ってるのかは気になる所でしょう。プライバシーマークを取り消された暁には、当該違反事業者名をJIPDECのwebサイト上に公表をされる事となります。