ISMSは企業に安全をもたらす

人事情報、顧客の情報、製品情報、技術の情報、財務の情報…、企業活動に付随をしていろいろな情報資産が発生をします。正当な権限を有する人のみが情報を使用するようにしたり、権限を逆に有をしない者が情報の改ざん・破壊を行えないみたいにしたりといったセキュリティを厳格に担保出来る環境を整備する一方、、許可をとった人だとすれば必要なときに求められる情報資産を利用する柔軟性をも兼ねそろえた体制を構築することが目的です。

 

顧客の個人情報とか購買履歴といった情報が外部に漏洩してしまうと社会的信用の失墜のみならず多額な損害賠償の支払いに至ることもあります。高度情報化社会が発達をするにつれて、組織や企業が保有する情報が「資産」として認識をされるようになりました。

 

ISO27001は、紛失、破壊、改ざん、盗難等々のリスクから情報資産を保護するためのメカニズム(情報セキュリティマネジメントシステム)を社内に構築・運用をする時の基準・ルールを定めた国際規格です。更に、IT技術の普及により膨大な量の情報が小型で高性能な記憶媒体で集中の管理できるようになると、これら情報資産の価値はなお殊更高まると一緒に、紛失や盗難といったリスクも飛躍的に増加しました。

 

また、自社製品の設計・開発の情報や知的所有権が競合企業に知られる事は、業績に計り知れない打撃を与えます。