ISMSは企業に安全をもたらす

ISO27001を構築・導入してない企業では、情報資産の管理を「慣例」と「暗黙の了解」で実施してます。また、従業員が自分からの役割と責任を再認識し、主体的行動を促すことにもつながります。

 

認証の取得・維持は、情報セキュリティに対する従業員の意識を向上させます。個人情報保護法では、外部委託先の監督義務を企業に負わせてます。

 

ISO27001は、組織の情報セキュリティレベルを向上させます。このごろでは取引条件に、ISO27001認証取得を明記している企業も少なくありません。

 

情報セキュリティ事故の殆どは、担当者の意識の低さが原因となってます。また外部委託先が関与している事件とか事故が多く、業務を外部委託する企業は委託先の情報セキュリティ管理態勢を重視せざるをえない状態です。

 

しかし、ISO27001はマネージメントシステムであり、PDCAを運用するため、組織全体の情報セキュリティレベルを向上する事が可能になります。コレにより、葬式の構成すべてのものが連携出来、効果的に管理を実施できます。

 

マネジメントシステムを運用するために、「誰が・何を・いつ・どこで・どのように」行うかをルールにおいてすべて明確にして、そのルールを組織全体で共有をします。さらに第三者による審査を経て認証登録されますから、取引先等からの信頼向上にも繋がります。